横浜で人気がある不動産の特徴とは

不動産の需要から見て横浜は常に人気のあるような土地であり、様々な思惑から住んでいる人も少なくありません。東京都内で通勤通学をする人にとっては東京に出やすいところで住みたいと思い、市内で通勤通学をする人はアクセスよりも環境のいいところで暮らしたいと感じるようになります。横浜で人気のある不動産の特徴としては、いくつかのパターンがあります。ファミリーで暮らす人、一人暮らしで住む人などで全く異なり、マイホームをこの地で建てる人もいれば、マンションにしてしまう人もいます。東京よりはある程度安く抑えられ、アクセスも遜色のない部分があるため、不便さは感じないエリアです。その中で、人気があるところはどういうところなのか、このあたりを知っておきたいところです。

ベッドタウンとしての需要の大きさ

東京の周辺地域はベッドタウンと称され、東京に通勤通学をする人が人口を支えているような状態です。このため、ファミリー層の需要は根強く、一戸建てを建てる人も全国平均に比べて多いのが横浜の不動産の実情です。マンションに関してもファミリータイプの部屋が常に人気があるような状態であり、中古マンションを探す場合でもファミリータイプの部屋ならすぐに見つかる傾向にあります。それでいて、住んでいるだけで憧れを持たれるようなエリアはベッドタウンの中ではここが唯一とも言えます。知名度も高く、場所の位置関係も分かりやすいことから、東京に住めないとしても決して恥ずかしくなく、それでいて部屋の広さも確保できるということからも、今後もこの傾向は変わることなく続くことが考えられます。

市役所周辺の物件は人気が根強い

横浜の不動産の中で最も高く、それでいて今も成長を続けているのは市の中心部、市役所周辺、海沿いの再開発地域であることは言うまでもありません。いわゆるベイエリアは人気が根強く、それでいておしゃれなスポットが多いため、ここに住みたいと思う人は増えています。また、交通のアクセスが非常にいいため、そうした部分でも人気を下支えしています。住み分けがはっきりしているのも特徴となっており、一戸建てを持ちたい人は多少離れた地域でも通勤しようとし、東京で住みたい人は海沿いからは離れたところで、交通のアクセスを最優先で選ぼうとし、住んでいることがステータスという人はベイエリアで暮らそうとします。ベッドタウンでありながら、思惑によって住むエリアが全く異なるのはこの地域ならではです。

神奈川県の不動産のことなら、どんな事でもお任せください。 会員様の特典として、随時更新される最新の貴重な未公開物件をご紹介! 営業時間は10:00~19:00まで、火曜・水曜が定休日となっております。 会員登録をしていただくと、プレミアムサービスとして会員様限定の非公開物件もご覧になることができます。 安心保証制度で管理受託後は、空室が埋まるまで管理料を無料とさせていただいております。 横浜の不動産のことならこちら