最近人気が上がってきている横浜の不動産

横浜市は以前から、国内で最も人気の高い都市のひとつであり、現在もその状況は続いているようです。日本の人口が戦後初めて減少に転じ、不動産余りが目立ってきている現在でも、市内の平均価格は上がっています。首都圏で最も価格上昇率の高い中古マンションは、市内中区の中華街地区となっています。新線が開通し、新しく駅ができた影響によるものですが、東京を抜いてのトップの上昇率となっており、潜在的な人気の表れと言えそうです。ただ、市内全域が一律に上がっているわけではありません。特に南部の内陸部では、値下がりしている地域が多くなっています。それでも、市内全体で見ると、地価が値上がりしていたり横ばい状態である地域のほうがずっと多く、人気は衰えず、上昇傾向にあると言えます。

駅から遠くても人気があった地域

横浜は人気の観光地でもあり、多くの人々が足を運んでいますが、観光地の中には、交通の便が必ずしもいいとは言えないスポットもありました。中区の中華街などがそうです。駅から離れていて、車を使わず訪れる場合は、かなり歩かなければなりませんでした。それでも市内屈指の人気スポットであり続けたわけですが、最近新線が開通し、近くに駅ができたため、ますます人気が高まっています。そのため、不動産価値も上がり、首都圏トップの上昇率となりました。今後も市の中心となる中区や西区で新線開通や新駅誕生があれば、人気を集めることは確実でしょう。観光地の多い海岸沿いの地域は、現在ほとんどのところで地価が値上がりしています。内陸部でも、東京により近い市内北部は値上がりが続いています。

東京に近い市内北部で人気が続く

市の南部では、内陸部の一部で値下がりが見られますが、北部は好調です。東京により近い立地が、好感されています。横浜に居住し、都内に通勤通学する人々はかなり多く、買い物やイベントなどで都内にしばしば出る人も多いため、都内への近さは重視される傾向があります。最近は運転免許を取らない若者が増えていることもあって、駅から徒歩圏内にある不動産の優位性もますます高まっているようです。高齢化が加速し、車に頼らず便利に暮らせる場所として、駅の近くの物件の人気は増していくでしょう。今後は東京に近い市の北部で、駅から近い場所の不動産の需要が高まりそうです。市内であっても、バス便しかない郊外の戸建てからは、高齢者世帯が流出する可能性があります。市内一律に人気が続くと考えず、立地を吟味することが大事です。